趣味と仕事

前回の記事で散仕事がどうだ趣味がどうだと書きましたが、

自分の中でまた一区切りついたのでもっかい書きます。

かなり遠回りしますが結局は店長の話です笑

只今大学4回生で、今年就活をしていたのですが、

縁があって?第一志望の会社から内定を頂きました。

思いっきりすきを仕事にした感じです()()!

なんなら小学生の頃からすきな会社です。

よくすきなことは仕事にするな、なんて言いますが、

そのことについては大学進むときもすきな分野を選んだので

もう後戻り出来ないというか、受験の時に悩み切った感じもあり、

そのまま仕事に選びました。

でもまだ働いてないので良いのか悪いのか分からないですけど()

それで、

すきなことを仕事にする人としない人の差って

どんなことだろうなーって考えてみてました。

私は小さい頃から今の仕事を考えていたわけではなくて。

ただただ絵を描くのがすきで、高校くらいまで色葛藤していました。

それから心境の変化があって、商業的なデザインっていう仕事に興味を持ちました。

すきで描いてた時は、

絵自己表現で

絵自分って考えていて、絵と自分を繋げすぎて苦しかったんですよね()

他人と比べて、自分を卑下したり。

でも、デザインって自分がどうこうじゃなくて、

クライアントが良いと言ったら良いので、他人との技術の差だけじゃなくて

アプローチの仕方とか、応え方の問題が大きくて。

表現しながら自分とはある程度切り離して考えられるのが良かったんだと思う。

中学高校もかなまでは漫画家とかイラストレーターになりたかったんだよなあ。

同じ仕事でも、デザインと漫画家イラストレーターって全然違うんですよね。

今でもそういう作家性の高い仕事に憧れるし、

むしろそっちに割り切って絵を描いてたらどうなってたかなって考えたりする。

んーでも決まった仕事も割と作家性高いから真ん中くらいかもしれないな(-人-)

でもそっちの方向を目指さなかったのは、うまく言えないけど、

自分にそこまでのものがなかったんだろうな。

絵を描くことも、大学入ってからめっきり減ってしまったし。

そんなことを考えながら店長のことを考えると、

ほんとに店長って純粋に歌がすごくすきだったんだなって思うんですよね(-人-)

店長の中で歌が占める割合ってすごく大きいんだと思う。

だからこそ傷つくことも悩むことも多くて、

まさに店長が言ってたみたいにすきだからこそなんだろうな(。)

そんな風にすきを突き詰めて、表現し続けれる人って尊敬します。

そしてそのすきと仕事ってやっぱマッチするのはなかなか難しい。

する人もいるけどね。

だから店長は趣味を仕事にするべきじゃないって言ったんだろうなあ。

ファン気にせずすきなように活動してる感じが店長らしいし笑

趣味だ仕事だって書いてきたけど、ほんとは分けたくないんですよね。

どっちもすきだから出来ることってあるし。

その人なりにすきって気持ちを大事にしてるのって素敵だと思うんだなー。

店長はほんと何度もいうけど、歌がすきなのが伝わってくるから大好きなんだよ!!唐突

バイタリティあるし、エネルギッシュだよね。

ほんとなっかなか、あそこまで動画あげてライブ出れないよねー()!

てきとーにやってる感じ醸してたりするけど、パワーあるわあ。

だから、つまりは?

私はすきを仕事にすることにしたけど、

趣味ですきなようにやってきた店長のこと尊敬するし大好きっていう話でした。

あー店長大好き(。)(。)

就活もだし、大学受験も高校受験も店長に助けられてたよ

店長ありがとう(ノ)

また会えるのはいつですかそんな日くるんでしょか

歌、歌ってるかなあ

もうあんまり歌ってなかったりするのかなあ

アメブロ毎日更新してた時期が幸せだったなあ遠い目

もっとありがたく見ておくんだったー!!

消さないでほしかったよー!

広告を非表示にする