お金について

お金は人から人へと渡り鳥のように流れていく。

あるときはざーーっと集まったかと思うと、さあああーっとさっていく。

かつては隆盛をきわめた豪邸もいつかは廃墟になってたりするのも見てもわかる。

お金は人の窮状をすくう善の動きもする。

一方、お金は人をくるしめる悪の動きもする。

お金には、なにか目に見えない意思があり、ひとをどこかで観察しているような気がする。

そんなことを考えた。

広告を非表示にする